新卒で入社、1年目はこんな仕事をしています

新卒で入社、1年目はこんな仕事をしています

アップパートナーズに応募したきっかけは?

私は、大学時代は経済学部で、手に職つけるために在学中、税理士資格取得の勉強をしていました。将来的には税理士業界で働きたいと思ってはいたものの、正直なところ卒業後すぐに税理士業界に進む気はなくて、他の業界がいいなとぼんやり考えていました。
ただ、税理士事務所ってどんなところだろうと単純に興味があり、どこかの税理士事務所を一度見てみたいと思って、リクナビで探していたらアップパートナーズが見つかって、最初は軽い感覚でエントリーシート出したんです。
すると、元々税理士資格の勉強をしていたことを評価してもらえたのか、書類選考、面接と進んで、ついには内定をいただくことになりました。税理士業界に進むつもりはなかったとは言え、九州最大級の税理士法人で働けるチャンスを得れたことはとても幸運だったので、挑戦することにしました。
tsukamoto05

面接で来社した時など、アップパートナーズの第一印象は?

1次のグループ面接で訪問した時に、まず思ったのが「面接官の人たちが若い!」というところです。税理士事務所の面接ということで、ご年配のベテラン税理士の先生方がたくさんいらっしゃって、難しい質問などを受けるのかなと思っていたので、若い面接官の方が、フランクな感じで進めていくグループ面接だったので意外でしたね。何より「オフィスがめちゃくちゃ綺麗!」と思った記憶があります。(笑)

入社後、1年目の仕事内容はどんなものですか?

tsukamoto02
1年目、私は約20社ほどのお客様を担当しているのですが、主な仕事内容としては、お客様の1ヶ月間の経営状況を表した「試算表」という、言わば「会社の成績表」にあたるものを作成することです。
試算表というのは簡単にいうと、売上がいくらあって、経費がいくらかかって、利益がいくら出たというのが「表」になっているものなのですが、単に「売上」という項目一つとっても、それは日々の小さな取引がたくさん積み上がって作られるものなので、それら一つ一つを専用の会計ソフトに入力していきます。
まずは、基礎を学ぶという目的もあるんですが、レシートや通帳に印字された金額や内容を、会計ソフトに入力するという仕事をすることからスタートしました。今では、IT技術を使った自動化が進んでおり、多くのお客様でこういった入力作業は減っているのですが、最初は基礎を学ぶという意味でも、こういった仕事をしました。
  
売上や経費の入力、また、顧問先で働かれている従業員の方々の給与の入力をするのですが、いただいた資料だけでは細かな内容がわからないような時は、周りの先輩に質問したり、直接お客様にお尋ねすることもあります。
半年〜10ヶ月ほど経ったら、一通り試算表作成の仕事も慣れてくるので、次のステップである、「決算処理」という仕事を任せてもらえるようになります。
決算処理というのは、顧問先の会社の1年間の成績表でもある「損益計算書」や「貸借対照表」を作って、納税のための「申告書」を作るという仕事なのですが、これは毎月の試算表作成の仕事よりも、たくさんの知識が必要となります。もちろん、それなりに勉強もしなければいけませんが、これをある程度こなせるようになってくると、税理士事務所職員として仕事ができているんだなという実感も湧いてきて仕事が楽しくなってきますね。

1日の仕事の流れ(出社から退社までの流れ)を教えてください

tsukamoto01
私は、朝8:50 くらいに出社して、9:00 – 9:30 は勉強会に参加します。主任以上の先輩社員が先生になって、法人税や所得税や消費税など日々の業務に必要な事柄を教えてくれます。これはとても勉強になります。
9:30になったら、班ごとに各人の予定確認や連絡事項などが軽くあって、その後全体朝礼があり、仕事スタートという流れですね。
お客様の規模によりますが、だいたい1日で、2〜3社の試算表作成業務をやっているという感じですかね。
1日で1ヶ月分の作業が全部終わるお客様もあれば、規模が大きいお客様や必要資料が全部揃っていない場合は複数の日にまたがって作業する場合もあります。
また日によっては、外部講師による研修があったり、社内研修があったり、上司や先輩からの急な仕事の依頼がある場合はそれを優先して行うこともあります。
お昼12時から1時間はお昼休みで、しっかり1時間とってます。(笑)
オフィスが博多駅のすぐ近くで周りに美味しいお店がたくさんあるので、同期や先輩と食べにいくこともありますし、お弁当を持ってきて、みんなでテーブルを囲んで食べたりする日もあります。
繁忙期でなければ、定時の18:30にきっちり帰ることが多いです。繁忙期や急な仕事で忙しい日などは20時や21時まで残業することもありますが、ほとんどが早く帰れていますね。学生時代の友達の話を聞くと、会社によっては、新人が先に帰りづらいような雰囲気の会社もあるようですが、アップパートナーズでは自分の仕事がきちんと終わってさえいれば、帰りづらい雰囲気はないのでそこはいいところだと思います。

入社して1年経って、やりがいを感じるところ、楽しいところは?

tsukamoto03
上司からちょっと難しいことや新しいことをやってみない?と言われた時は、それまで自分がやっていた仕事を評価してもらえたのかな、レベルアップできてるのかなと思えるので嬉しいですね。
税理士事務所勤務ならではの話で言うと、日々の試算表作成や決算業務、また、お客様の年末調整の業務をたくさんさせていただく中で、世の中の仕組みが少しわかるようになったというか、これまでは法人や個人のお金の流れとか、税金のこととかほとんど考えたこともありませんでしたが、今は常にそういうことに対して興味を持って見たり考えたりするようになりました。
日々のニュースを見る視点も変わったと思いますね。全ての業務がお金に関することで、お金というのは非常に身近で大切なものなので、仕事でやること全てがとても勉強になるなといつも感じます。
そういう意味でも、税理士事務所での仕事というのは、社会のどんなところでも通用する知識を習得できる仕事だと思います。それに、アップパートナーズの先輩たちは面倒見がよく、上司も若くて面白い人が多いし、和気藹々というような雰囲気があるので、社内も楽しいですよ。たまに飲み連れて行ったりもしてくれますし。

入社前と入社後とで想像と違ったところはありましたか?

tsukamoto07
面接の時から少しずつイメージは変わってはきていましたが、やはり入社前は、税理士事務所= 暗くて真面目そう・堅苦しそう・仕事がとにかく難しそうというイメージがありました。
ただ、入社後は、仕事への真面目さは想像通りでしたが、暗くて堅苦しいというイメージは完全になくなりました。忘年会の余興なんかみると真逆というか。(笑)
休憩のときはたまにプライベートの話もするし、休みの日に同僚と遊びに行くこともあるし、そういうところは想像とは違っていましたが逆に良かった点ですね。

仕事の種類や量も自分の力量に合わせて上司がふってくれます。

担当件数も含めて、やる気があればどんどん仕事を任せてもらえますし、自分からやってみたいと言えば、上司から見てやれそうだと判断されれば新しいことにも挑戦させてもらえますし、やはり、やった分だけ力が付いているというのが自分でもわかるので、上昇志向の人は楽しいと思います。毎年、年末に表彰式があるんですが、去年、私、もらえました!嬉しかったです。

大学生のみなさんに向けて。入社前にやっておいたほうがいいことは?

税理士事務所なので、簿記は最低限やっておいたほうがいいと思います。
あとは、当たり前のことですが、ほとんどの仕事がパソコンを使う仕事なので、パソコンの基本的な操作ができるとか、ブラインドタッチができるとか、Word, Excel が普通に使えるとかというのは大事だと思います。パソコンの操作が苦手な人はすごく困ると思います。

3年目、5年目など、自分の中期目標を教えてください

直近の目標は、毎月の試算表作成の仕事や、決算申告業務を先輩たちに頼らずにスムーズにこなせるようになることですね。先輩たちに同行した際に、お客様から経営上の悩みや相談を受けてそれに答えている姿を横で見ているのですが、本やネットなど何も調べることなく、その場で知識やこれまでの経験をフル動員させて、瞬時にアドバイスや提案をして、それでお客様から喜ばれているのを見ると、早くそういう風になりたいと思います。

就職活動中の大学生にメッセージ

tsukamoto04
入社してまだ間もないですが、新卒で入社して思うのが、税務・会計業界は主に「知識が商品」というところが大きいと思うので、「新卒」という立場をフルに利用して、たくさんの知識や知恵を先輩たちから得れたのはとてもラッキーだったと思います。既卒の中途採用・社会人経験者だと周りに質問しづらかったり、教える側もすでにある程度知識や経験があるものとして教えるようなこともあると思いますが、「新卒」であればどんなことでも質問しやすいですし、先輩方もとにかく丁寧に細かく教えてくれます。
税務・会計業界を目指している方の中には、就職活動をする中で、以前の私のように他の業界もいいなとか、こっちの会社のほうが名が知れているし条件がいいなとか心が揺れている方もたくさんいらっしゃるかと思います。ただ、「知識が主な商品」であるこの税務・会計業界だからこそ、「新卒」という、知らなくてもそこまで恥ずかしくない、何を聞いても優しく答えてもらえるという人生に一度きりのラッキーなポジションをうまく活用して、一気にスキルアップしてみてはどうかと思います!
私も新卒で入社しているので、新卒の方の気持ちはよくわかるつもりです。
今度は先輩としてみなさんが早く仕事に慣れるようにサポートをしていければと思っていますので、是非興味のある方は、税理士業界の門を叩いてみてください!お待ちしています。

1日のスケジュール【終日所内の場合】

8:50 出社

仕事前の準備・情報収集

9:00〜9:30 朝の勉強会

法人税・所得税など

9:30

班ごとのミーティング・全体朝礼

10:00

試算表作成業務・研修など

12:00 ランチタイム

昼食

13:00~18:30

試算表作成業務

18:30〜20:00くらいに退社